営業所紹介

所在地 〒660-0822
兵庫県尼崎市杭瀬南新町3-2-1
電話番号 06-4868-5711
勤務時間帯
出荷(常昼)

8:30〜16:30(実労働時間 7時間 休憩時間 1時間)

梱包(3交替)
  1. 6:30〜14:30 (実労働時間 7時間 休憩時間 1時間)
  2. 14:30〜22:30(実労働時間 7時間 休憩時間 1時間)
  3. 22:30〜6:30(実労働時間 7時間 休憩時間 1時間)
開梱(2交替)
  1. 7:00〜15:00(実労働時間 7時間 休憩時間 1時間)
  2. 14:00〜22:00(実労働時間 7時間 休憩時間 1時間)

当営業所では、建築用の鋼板となるコイル(鉄板を巻きとった形状の物、写真を参考にして下さい)を取扱っており、製造工場内の運搬や出荷するトラックに積込んだりする為の天井クレーンの操作、またコイルを納品先までお届けするまでに疵や錆を発生させない様に専用の紙で包装する業務が中心です。

最寄駅は阪神電鉄・杭瀬駅より徒歩で5〜6分、自動車での通勤も可能です。クレーン免許や玉掛の資格が必須ですが、入社頂いてからの取得支援も可能ですのでご安心下さい。まずは見学しにお越し下さい。

  1. 出荷作業

    コイルを天井クレーンで吊り上げて、構内のヤード内の配替えをしたり、上の写真のように出荷するトラックに積込んだりする作業です。

    クレーンを運転するには資格の取得が必要ですが、入社してからでも取得のための支援を致しますので、興味のある方は一度現場にお越し頂き、実際に自分の目でダイナミックな作業風景をご覧下さい。

  2. コイル梱包作業

    製造ラインから出てきたコイルを専用の紙を使って包装する作業です。海外に納品する物は更に鉄板を使用して頑丈に梱包する事もあります。これは工場構内から納品先まで輸送するまでの間で疵や錆から守る役目を果たします。

    製品であるコイルを守るために重要な作業で、ベテランの方々が器用に仕上げていく姿は正に「プロ」です。

  3. コイル開梱作業

    船で運ばれてくる、フィルムで簡易梱包された母材コイルを、カッターナイフ等で開梱し、次の工程である製造ラインに投入する下準備(裸の状態にする)をします。

    作業自体は簡単に見えますが、コイルを傷つけないように開梱することと、疵や変形を発見すれば、報告しなければならない重要な役割があります。

先輩の声

  1. 福島 健人
    Fukushima Kento
    1. 2016年入社

    入社前に初めて会社見学をした時は、鉄板をドーナツ状に巻いたコイルの大きさに驚きを感じ、その梱包やクレーンでの荷役作業が難しそうと思いました。入社してみるとコイルの梱包の手の動きに慣れるのに戸惑いもありましたが、先輩が紙の引っ張り方や角度などを丁寧に細かく、そして優しく指導してくれたためできるようになりました。今ではコイルの梱包作業とクレーンでのコイルの運搬作業を担当しています。さまざまな業務に関わることが多く、その分修得できることもたくさんあり、日々やりがいのある職場だと実感しています。

    先輩達は気さくで優しく、気軽に話しかけてくれるアットホームな職場です。「覚えるのが早い」と声をかけてくれるなど、温かく見守り評価してくれるのが嬉しいですね。今後は、たくさんある梱包の種類や、クレーン運搬におけるコイルの置き方などいろいろな仕事を覚えていき、また「無線技士」の資格取得にもチャレンジしたいです。